男性でも更年期障害にかかることがある

女性の一生の一時期で、性成熟期から老年期への移行期を更年期といいます。
この時期には女性ホルモンのバランスが崩れるなどして様々な不定愁訴が現れてきます。

女性ホルモンは卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)のことで、エストロゲンは卵胞で作られ子宮内膜を増殖させ、頸管粘液量を増やし妊娠に備えます。

エストロゲンは下垂体を刺激し、プロゲステロンの分泌を促し、プロゲステロンは子宮内膜を分泌期に変え受精卵の着床を助ける働きももっています。

このホルモンのバランスが崩れることで症状が出てくるのです。
閉経を迎える平均年齢は50歳なので、一般的に45-55歳の間で更年期障害は起こると言われています。

しかし、最近では子どもをもたない女性や、生理不順の女性はホルモンバランスが崩れやすく30代後半や40代前半の女性でも更年期障害起こってくると言われています。

更年期障害と言えば女性だけが悩んでいるという風に認識されていたわけですが、今や男性でも更年期障害が起こることがだんだん認知されつつあります。

女性の更年期は閉経を挟んだ数年間ですが、男性の場合は40代以降であれば誰しもかかる可能性があり、60代や70代であってもかかる可能性が十分にあります。

男性更年期障害はかかったとしても死に至るというわけではありませんので、適切な対処をすることで症状を和らげることが大切です。

男性ホルモンと更年期障害の関係

男性にも更年期障害は存在して、それには男性ホルモンが大きく影響してきます。男性ホルモンの分泌量が多い世代は20代で、年を重ねていくにつれてだんだん男性ホルモンは減っていきます。男性ホルモンの減少は性欲減退などと結び付けられますが、それだけでなく自律神経のコントロールを失うことによって、気持ちが不安定になったり、成人病のリスクが高まったりするなど男性ホルモンと一間関係が無いような症状まで及ぼします。

更年期障害を起こさないためにはどうやって男性ホルモンの減少を食い止めるかにかかってきます。きちんとした生活習慣を整えていけば、場合によっては70代の人でも30代の平均並みの男性ホルモンの量を保つことが可能です。

男性更年期障害の主な症状
精神神経系では、頭痛やめまい、耳鳴り、イライラ、不眠など。
血管系では、のぼせ、冷え、動悸、息切れなど。
消化器系では、食欲不振、吐き気、便秘、腹部膨満、下痢など。
運動器系では、肩こり、腰痛、関節痛、筋肉痛など。
特に多いのは、肩こりや疲労感、頭痛、のぼせ、冷え症などです。

エストロゲンの急激な低下の身体的影響を受けることに加え、性格などの心的因子と仕事や家族関係などの社会的因子がそれぞれ関わり発症すると言われ、一種のストレス性疾患とも考えられています。

男性更年期障害の症状というのは大きく分けると3つの症状が起きます。

1つ目は生殖機能に症状が出ることです。
具体的には性欲が低下したり、前立腺に疾患ができたり、EDを発症したりします。男性ホルモン自体が性ホルモンと言って、男性らしさを制御する役割を負います。
男性らしさを司るのが生殖機能で、更年期障害はそういう機能を低下させるわけです。

2つ目は精神機能に症状が出ることです。
男性ホルモンはマイナスな感情を抑える役割がありますが、このホルモンが減少することによって些細なことでイライラしたり、不安を感じたりします。
さらにひどくなると記憶力が低下したり、睡眠障害が起きたりします。

3つ目は身体の症状が出ることです。
これは女性と同じように多汗やほてりなどのホットフラッシュ現象や頭痛、腰痛、肩こり、関節痛などあちこちに症状が出ることがあります。

スタートの区切りが分かりにくい

男性の場合は加齢とともに男性ホルモンが減っていっていますが、ホルモンの減少度合いは人によって全然違ったりします。そのため、更年期に何らかの症状が出なくて済むという人がいる一方で、女性と同様に症状に苦しむような人もいます。

男性更年期障害が厄介なのはいつ発症するかというスタートの区切りが無いために分かりづらいです。一般的には女性よりも多少遅れて、50代から70代にかけて更年期障害が起こるとは言われています。この年代になって上記に当てはまる症状が出てきたというのであれば、更年期障害を疑ったほうがいいですが、自己判断せずに病院で検査を受けるべきです。もしかすると、更年期障害ではなく他の病気が発覚することもあり得ます。

更年期障害にならない為の対策

まずは生活習慣の改善です。
規則正しい生活を送り、夜更かしや夜勤などをできるだけ避け生活リズムを整えることが大切です。

環境を整えること、つまり、基本的生活習慣といわれる食事、睡眠、活動のバランスをとることは精神的、身体的に安定させるための重要なかぎです。

それに加え、ストレスを軽減させることです。
自身ではストレスと感じないことも、身体にとってはストレスや負担がかかっていることもあるので、気分転換や趣味などで心身をリラックスさせることが大切です。

ハーブやアロマオイルを適切に用いることは副交感神経を優位にし、身体の内側からリラックスさせる効果があります。
アロマオイルには特に更年期障害に効果のあるものとして、ゼラニウム、イランイラン、サイプレス、クラリセージです。

入浴時に数滴オイルを垂らしたり、ガーゼやハンカチに1滴、アロマデュフィーザーなどで香りを吸入します。
生活リズムを調整したり、ストレス軽減に努めても症状が改善しない場合は、病院へ行くこともひとつの解決策です。

適しているのは、「婦人科」です。
婦人科系の疾患だけでなく、女性のあらゆる症状にも対応している診療科なので相談してみるのも良いかもしれません。

男性でも原因不明の症状が起きているなら病院にかかるべき

男性の場合は周りに経験者が少ないために、更年期障害についての悩みを相談する場所が無いという側面があります。しかし、原因不明で体調不良が起こっていてつらいというのであれば、一度病院にかかったほうが安心するのではないでしょうか。